リスクマネジメント

企業の地震対策は緊急を要します
海外からも懸念の強い地震災害

  • 地震が発生した場合事業の継続と早期再開を目指し、企業の存続と従業員の雇用を守る事を目的とした急時事業継続計画(BCP)が推進されています。
  • 緊急地震速報は、情報を発表してから揺れが到達するまで10数秒から数10秒と、きわめて短く、震源に近いところでは、情報の提供が主要動(S波)の到達に間に合わないことが想定されます。
  • そのため、日頃の5S運動「整頓、整理、清掃、清潔、躾」がいかに大事かを認識しなければなりません。

  • 5Sなくして事業継続計画(BCP)はありえません。

  • 重要なことは地震の発生を前提で、どの程度の影響があるか、ビジネスインパクト分析(BIA)することだと思います。
  • 弊社は「生命を守る」「製品を守る」をコンセプトに災害の被害を極力抑え、事業の早期再開に備え、事前対策のツールとして製品の保管、材料の保管、危険物劇毒物の保管等ラックからパレットのズレ防止、またパレットの落下防止金具、パレットガードナー、パレットホルダーをご提案させて頂いております。
  • また、事務所、研究所、工場内等の什器備品、精密機械、設備等も地震で移動、転倒し凶器に変貌することがあります。

 地震後の事務所

パレットガードナーIII固定ラック・移動ラックの耐震対策PG-IIパレメイトパレット落下防止金具PH5Sボックスパレットガードナー天井クレーン危険物倉庫耐震対策プレベーションバー耐震ベルト耐震ガードEGpuroducts